2012-12-13(Thu)

活発なモバイル・コマースが行われるクリスマス商戦に向けて、消費者購買動向の調査結果を発表。

2012年12月4日、英国・ロンドン発 - 業界屈指のクラウドベース財務会計/ERPソフトウェアスイートを提供するネットスイート社(NYSE: N)は、クリスマスシーズンにおける購買行動に関する調査を支援しました。

これらの調査結果によると、消費者のほぼ4人に1人は、過去3年に比較した場合、今年のクリスマスのショッピングでは出費を増やす予定であることが明らかとなりました。また、モバイル端末を利用したコマースが、今年のクリスマスシーズンにおける販売促進を行う上で重要な役割を果すことがわかりました。およそ20%の購買者は、今年のクリスマスにモバイル端末から買い物を行う予定であると述べており、35歳以下の消費者の10人に1人が、モバイル端末は彼らが選んだ第1のショッピング手段になっていると述べています。


本研究は、Vanson Bourne社が実施した2,000人の消費者を対象にした調査に基づいており、この度のレポート「クリスマスのギャンブル(The Christmas Gamble)」のリリース前に、本日、ネットスイート社が発表したものになります。

このような状況にありながら、消費者は理想的な買い物が出来るか不信感を抱いている実情があることもわかりました。過去3年間を振り返ると、調査対象の消費者のほぼ半数は、購入予定の贈り物の在庫がないという事態に直面していました。そして、この消費者の8割がオンラインで商品の入手が不可能となっている経験をしているのです。

また、調査より頻繁に在庫なしとなる贈り物は、衣料品、アクセサリー、そしておもちゃが含まれており、調査対象の4割の消費者が、これらの商品がクリスマス時期に過去購入できなかったと述べていました。また、消費者の半数のみがクリスマスの買い物を始めており、友人や家族が希望するプレゼントが手に入らない状況に置かれているのです。


自分自身へのクリスマスプレゼント消費が増加
経済が低迷するなか、消費者のショッピングニーズは優先されており、消費者のほぼ4分の1は今年のクリスマス消費を増やす予定としています。そして、その購買傾向は18歳から24歳までの調査対象の5人に1人と前調査対象者の10人に1人は、今年のクリスマスは友人や家族よりも自分自身への支出を増やす予定であるとしています。

また、ネットスイート社が支援している本レポートでは、英国はゆったりと買い物を楽しむ文化を持っており、調査対象となった35歳以下の消費者のほぼ2割がeコマースやモバイル・コマースのチャンネルを通してベッドでくつろぎながらショッピングすることが明らかになりました。

ネットスイート社のコマース製品担当ゼネラルマネージャーのAndy Lloyd氏は次のように述べています。
「クリスマスのギャンブルは、小売企業と消費者の両者の問題となっています。小売企業はクリスマス後に大量の在庫を抱えたくないと思う一方で、在庫がないということは極めて重要な販売機会を逃すことでもあるのです。そして、これらは不満を持つ顧客を抱えてしまうことを意味するのです。その一方で消費者は、商品の購入意思があるにも関わらず購入出来ないことが最も不満であるのです。消費者の4分の1は、商品を入手するために競合するショッピングサイトへ移動すると表明しています。クリスマスショッピングの支出は増えています。小売企業はこの機会を捉え、適切な在庫量を予想し、消費者の需要に対応する適切なバランスを見つけることが不可欠なのです。消費者が在庫不足の商品に直面する時はあらゆる手段を用いて購買をサポートすることが出来る必要があるのです。」


重要な購買トレンド
● 旧来型の実店舗でのプレゼント購入は未だにホットである。しかしその一方で急激にモバイルによる購入者も増えています。調査対象となった平均的な消費者のうち43%はショッピングを店舗で行い、57%はオンラインで行います。しかし、こうした消費者の68%は、今年のクリスマスは店舗よりもオンラインで購入する予定であり、英国東部においては、その傾向は75%に増加しました。
● 衣料品やチョコレートなど従来人気のある贈り物を好む傾向にあります。
● プレゼントを受け取る人々の10人に1人が、プレゼントに落胆しています。このことは消費者が正しいプレゼントを購入するように、よりターゲットを絞る余地があることがわかります。
● 英国南西部の19%に対し、ロンドン市民の31%が今年のクリスマスプレゼントの支出を増やす予定であると述べており、過去最高額の支出を行う意向です。


消費者が今年のクリスマスにおいて理想とする贈り物が在庫なしとなる前に入手できるようにするためのポイントは以下になります。

1. 入手可能なものは早めに買い物を行う。しかし、半数以上の小売企業がクリスマス前のディスカウントを予定しているため、状況によっては販売セールのチャンスを逃すことも想定する。
2. 店舗に出かける前に、店舗のウェブサイトでオンラインでの商品の入手可能性をチェックする。多くのウェブサイトでは、特定の店舗でどの商品の在庫が有るのかを教えている。
3. 今年のクリスマスに人気商品を購入しようとしている場合、欲しい物をオンラインと実店舗の両方で探索する。
4. 自分の欲しい物リストを作成し、他の人にもたずねる。不必要に不確かな買い物をしないように心がける。
5. 最高のお買い得品がオンラインのみにあると思わないこと。実店舗の方が顧客に来てもらうために魅力的な商品やお買い得商品を提供している場合もあります。
6. 贈り物の選定やアイディアを得るためにスマートフォンを利用し、アプリやモバイル店舗を閲覧する。


本調査について
調査は、2012年11月末に英国の2,000人の消費者を対象にVanson Bourne社が実施した一次調査に基づいているということです。




 クラウド会計のことなどを提供ているネットスイート社がこういったレポートを支援しているというのもちょっと不思議な感じもしますが、こちらではこういったことなどいろいろな業務を行っているということになるのかもしれませんね。


 そしてこのレポートの内容のことですが、こういった状況を見ますとちょっと景気もよくなってきているようにも感じますね。

 また最近日本の日経平均株価も以前比べますと結構上昇ているようですので、日本の景気が少しはよくなっていくということなのかもしれませんね。


 またこのレポートを見ておどろいたことでは、自分用のクリスマスのプレゼントも含めてほしい商品を買えていないといった方が結構多いことですね。

 確かにクリスマスの時期には買い物をする方も増えるでしょうしまた私の家の場合は来年に必要な物の買い物もクリスマスの時期くらいに行っていたりしますので、そういった影響もあるのかもしれないと思えますね。


 確かにあまり多く商品をそろえすぎて在庫が大量に余ってしまっては大変ですが、できるだけほしい商品をほしい時に手に入れられるようにはしてほしいとは思いますね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

ショップチャンネル

商品を、動画でチェック!!



商品画像か文字をクリックしていただくと、商品詳細ページに飛びますので、そこで、「動画をみる」をクリックしていただくと、動画がご覧いただけます。
24時間生放送!!
こちらから、ショップチャンネルの生放送も、ご覧いただけます。スカパー・CATVで放映している国内最大のショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」に完全に連動しており、毎週700アイテムをご紹介しております。動画をご覧になりながら、そのまま、お買い物もしていただけます。
ショップチャンネル

カテゴリー
月別アーカイブ
QVC

商品を、動画でチェック!!





商品画像か文字をクリックしていただくと、商品詳細ページに飛びますので、そこで、「動画をみる」をクリックしていただくと、動画がご覧いただけます。
24時間生放送!! 
世界最大のテレビショッピング「QVCジャパン」
常にTVと連動。TVでご紹介している商品(一部除く)に加え、ネット限定商品も多数ご用意し、 充実したコンテンツとサービスと共にご提供しています。こちらから、生放送も、ご覧いただけますので、よろしくお願いします!!
QVCジャパン

ジャパネットたかた

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
商品を、動画でチェック!!
(動画をご覧いただくには、ジャパネットさんのサイトの、「テレビ放送」をクリックしていただくと、動画の一覧が、ご覧いただけます。) ネット限定生放送の、限定商品などもございますので、ぜひ、ご覧ください!!

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
パーソナルカラオケ 『オン・ステージ』、 ケルヒャー 家庭用高圧洗浄機、等々!!

最近の記事
リンク
RSSフィード
リンク3
マカフィー・ストア

フジカラーの年賀状 2011

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
ブログ内検索
買い物情報!